早慶附属高校合格率100%。少人数・3時間授業の利点を生かし、思考力・観察力・分析力を磨く"面白い授業"も追求

一番教室

03-6410-6171【お問い合わせ受付時間】12:00~18:00※土日・祝日も可。担当/小寺(こでら)

図形の授業風景

こちらのページでは、実際の授業の内容をご覧いただきます。授業で実際に扱った問題とともに、一番教室の授業の進め方を簡単にまとめた短い動画をご用意しました。

立体の授業で、面の交差を考える男子生徒。

立方体の中で2枚の三角形を交差させている手元の写真。

立方体の中で2枚の三角形が交差している様子を観察する男子生徒。

一番教室では、小6・中1から指導をした生徒の全員が早慶附属高校に合格をしています。一番教室では、転居が必要となるような系属校は受験しません。すべて東京都市圏の早慶附属高校の合格です。この「早慶附属校の合格率の高さ」が一番教室の強みではありますが、ただひたすらに問題演習に打ち込む、というような授業スタイルではありません。授業は、生徒の知的好奇心を刺激し、自分の手を動かして自分の目で確かめながら理解を深めていけるような工夫も盛り込まれています。これは、生徒の人数を多く抱えすぎてひとりひとりの状況にまで目が行き届かない大規模のクラス授業や、時間が短いために大慌てで要点だけを詰め込んでいく授業では、実現が難しいでしょう。「少人数クラス」で「3~4時間の授業時間」であることが、きめ細やかな指導を可能にし、生徒たちがじっくりと考えられる時間的な余裕をつくり出しています。

一番教室の授業は、残念ながら、「考えたり、行動に移したりすることは億劫だ。」というタイプには苦痛そのものと言えます。それは、一番教室が「少人数クラス」「3~4時間の授業時間」の強みを生かし、生徒が主体となって様々な知識や技術について検証していく授業を進めるためです。数学では、思考力・観察力・分析力を磨くために、実際に模型を組み立てる授業もあります。思考力だけではなく、視覚と触覚を最大限に活用して、立体[空間]と平面とを行き来する貴重な経験ができます。また、中学3年生になると、授業は「ゼミ形式」になります。予習課題があるわけではなく、問題を解いたその場で解説に進みます。主に入試の過去問題を題材とし、最適な解法について意見を交換しながらクラス全体で検証を進めていきます。教室の片隅で身を縮こまらせ、なんとか時間をやり過ごそう、ということが不可能な環境ですので、生徒自身に学ぶ意欲がない場合には学習の継続が難しくなります。

一番教室の授業は、「考えることがたのしい」「自分でやってみたい」「挑戦をするのが面白い」「新しい発見にわくわくする」「結果が出るまでつい粘ってしまう」というタイプの生徒には、非常に活用しがいのある塾となります。

一番教室のカリキュラムの特徴として、中学1年生[小学6年生]から2年生における学習の比重がどこの塾よりも大きいことが挙げられます。単元名だけを見ると、中学1年生の秋頃まではカリキュラム自体はさほど進んでいないように見えますが、そこには「便宜上中1単元として分類している発展内容」が数多く含まれており、決して、平易な内容をのんびりと学習しているわけではありません。個別面談[個別入塾説明会]にお越しいただいた際に学習内容について具体的にご説明を差し上げると、非常に驚かれるご家庭が多いのもこのためです。「基礎の学習からそこまで掘り下げて勉強をするとは思いもよりませんでした」という感想を頂戴することもしばしばです。

中学1年生[小学6年生]から2年生におけるこの時期は、一番教室では「先々の学習において専門性と速度を上げていくための準備期間」としてとらえています。ここで問題を見る目が少しずつ養われることで、生徒たちは掘り下げて考えながら問題を解き進めることができるようになります。そこから、学習内容はどんどん高度になり、授業は加速します。学習内容そのものは複雑化していきますが、それと同時に生徒たちの理解力も向上するため、理解に要する時間や労力はぐんと減ります。しかし、その一方で、学習範囲は広がり続けるため、理解の定着に要する演習と既習内容の復習とに割かなくてはならない時間が増えていきます。学習の負荷は自然と増しますが、確実に使える技術が増えている手応えを感じられることで、生徒たちは前向きに取り組めるようです。

それでは、授業風景をのぞいてみましょう。

まずは、「学習する内容が複雑化するにつれて、ひとつの単元の学習に要する時間が短くなっていく。」という例をご覧いただきます。

中2 二次関数

中学3年生の学習単元である「二次関数」の学習は、単元の導入から入試問題レベルの問題演習まで、わずか1回の授業におさめることができます。これは、単元の理解に必要とされる基礎学力がしっかりと身についていることにより可能になる授業です。どこの塾でも成立する授業ではありません。

進度ばかりが速く、生徒の理解が追いつかない授業を展開してしまう進学塾は数多くありますが、一番教室の生徒たちは誰ひとりとして理解につまずくことなく、円滑に授業が進められます。

次は、「複雑化した学習内容を短い時間で学習し終えることで捻出された時間を、理解を深めるための時間に充てている。」という例をご覧いただきます。

中2 三平方の定理

中学3年生の学習単元である「三平方の定理」を早い時期に習得することにより、多くの中学生が苦戦する「立体の切断」に関する問題についても、じっくりと検証する時間がとれるようになります。

  • 【既習内容の理解を活用して「立体の切断」の理解を促進する授業】
  • ①立体の切断に関する問題演習を行う。
  • ②設問の図をもとに、三平方の定理を用いて自らで図面を起こし、立体模型を作成する。
  • ③組み立てた立体を様々な角度から観察し、立体の切断について理解を深める。

実際に自分で組み立てた模型をじっくり観察しながら「立体の切断」について深い考察を加えます。

スクリーン上で「立体の切断」を確認することもできる時代ではありますが、視覚と触覚とを徹底的に活用してじっくり観察をする実体験にはかないません。自らの手でいちから図面を起こして模型を作成することが、生徒にとっては非常に貴重な経験となります。

次は、一番教室の「考える授業」のひとつとして「公式の丸暗記はせずに、公式を自分で導くように授業を展開する。」という例をご覧いただきます。

中2 正十二面体の体積

開成高校の入学試験でも出題されたことがあり、中学3年生の発展問題として問題集で目にすることがある問題です。公式を覚えればすぐに計算ができるかもしれませんが、単なる暗記で処理してしまうようでは面白くありません。

まずは、実際に模型を組み立てて、問題にかかれた図形と見比べながら模型をじっくりと観察します。平行な面や線について確認をすると様々な発見があります。

この授業では、模型の観察をもとに、体積を求める式をどうのように立てるのかを生徒ひとりひとりが考えます。自分の力で正十二面体の体積の公式を導き出すことを生徒たちは愉しみます。

理解をきちんと積み上げて、着実に結果にしていく「一番教室の学習システム」は、入塾を検討する段階での最初の個別面談[個別入塾説明会]において実際の教材とともにご確認いただけます。

小学部の授業につきましては、音声入りの動画「小学4年生 授業風景」から始まる「小学4年生クラスの紹介」および「小学6年生クラスの紹介」の項目をご覧ください。楽しみながら意欲的に勉強に取り組む様子をご覧いただけます。