一番教室は、理論を構築するためにも、仮説を検証するためにも、「自らの力で考え抜く」上で必要となる、「土台となる知識」をしっかりと身に着けることを目的とし、基礎から徹底的に指導をします。基礎的な学習につまずく生徒のための補習塾ではありません。「志高く学ぶ人々が切磋琢磨できる集団授業」を展開するために、ごく少人数で授業を行います。1人1人の学習ペースに合わせる個別指導ではありません。特殊なカリキュラムを組み、早慶高校受験の準備はもちろん、その先にも学術研究を進めていく準備として、専門性の高い学習内容を扱う英数専門塾です。

NEW!
入塾を検討される皆様へ

▶一番教室を知り尽くしている塾生たち。アンケートをもとに、一番教室を紹介します。
詳細は「一番教室はどんな塾?」をご覧ください。

NEW!
早慶に受かる理由

▶運に頼らずに実力で早慶合格を掴む学力を、愉しみながら鍛える授業です。

「思考力・観察力・分析力を磨く授業」を紹介する「図形の授業風景」のページもご覧ください。

効果を最大にする学習法

▶一番教室の「効果を最大にする学習法」と「自習室の活用法」を紹介します。

一番教室の特色

一番教室には、お問い合わせをいただいた時点での入塾試験がありません。それまでの学習経験により生じる学力差は、入塾後の学習の取り組みによって埋められるため、最初の学力点によってふるいにかけることはしません。まずは、実際に授業を受け、そこで理解した内容を定着させるための復習[宿題]に取り組み、理解を着実に積み上げていくサイクルを一定期間体験してもらいます。

一番教室の指導に沿って粘り強く取り組む前向きな姿勢があるかどうかを、授業内の確認テストに相当する試験で確かめるのが一番教室の入塾試験です。要領が良いタイプであれば最小限のエネルギーで結果を出せるかもしれません。要領がそれほど良くはないタイプであれば結果にするまでに何倍ものエネルギーを費やさなくてはならないかもしれません。いずれのタイプであろうとも、結果にできることが重要です。また、訓練と工夫次第で結果の出しやすさも変わります。入塾時点での学力を問わずに、ハイレベルな全国模試において実際に数値を出し、早慶高校受験で合格を掴む指導が一番教室の強みです。継続させる「建設的な努力」により、塾生の全員が早慶附属高校に合格しています(「早慶附属高校合格実績・都立高校合格実績」をご確認下さい)。一番教室では、転居が必要となるような系属校は受験しません。東京都市圏の早慶附属高校の合格実績です。

どの生徒も、運に頼らずに早慶附属高校に合格する実力がつくのは、つぎの内容が実践できているからです。最近では、同じような文言をうたう塾が増えていますが、言うは易く行うは難しです。一番教室は、早慶附属高校に合格する実力がついていくことをきちんと数値で証明しています(「全国模試実績」をご確認下さい)。面接にお越しいただいた際にも、実際にご確認いただけます。

□ 小6・中1から通い始め、塾生全員が全国模試の成績優秀者。高いレベルで展開される授業。

一番教室では学力を徹底的に鍛え上げます。初回の授業は、英語は発音とつづりの法則に関する学問(phonics)から、数学は分数の計算の確認から始まりますが、基礎的な学習につまずく生徒を対象にした授業ではありません。専門性が高い複雑な内容を学習していく段階で、生徒たちの理解を加速するためには「理解の基盤づくり」に時間を割く必要があります。難度の高い問題を掘り下げて考えていくには、様々な視点から多角的に検証していくことが必要になります。その思考過程において、土台となる理解がゆらぐようでは十分な検証もなしえません。授業では、早慶高校受験の出題範囲に限らず、その先に続く学術研究も踏まえた専門性の高い学習を本格的に進めていきます。

これまでの卒塾生の全員が全国模試「駿台中学生テスト」あるいは「駿台高校受験公開テスト」における成績優秀者です。2017年度から成績優秀者の氏名掲載がなくなりましたが、これまでと変わらず非常に高いレベルを維持しています。科目ごとの順位では、全国1位が同じクラスに複数名在籍することもあります。英語・数学ともに全国1位が出ます。英語・数学において突出した高得点を出すことにより、中学3年生の秋以降に3科目総合において全国1位も出ます。一番教室は学習内容そのものが高度であるだけではなく、しっかりと学力として身についていることを数値で証明できる点が他塾との大きな違いです。

クラス全体が非常に高いレベルで揃うことにより、高度な内容を扱う授業が実現できます。これにより、クラス全体としてさらなる学力の向上が見込めます。

□ 抜群の合格率を誇る「入試期に余裕を持たせる逆算カリキュラムと独自開発教材」。

早慶附属高校入試をふまえたカリキュラムを中学1年生から本格的に進めます。入試問題を解く上で必要になる知識や技術を隈なく分析し、細部まで計算をして一番教室独自の逆算カリキュラムを組んでいます。これに基づき、1問1問こだわり抜いて教材を丁寧につくり上げ、しっかりと考え抜く良質な授業を展開します。実際の授業で扱う学習内容は、早慶高校受験の範囲に留まりません。将来的にさらに専門性を高めて学び続けることができる準備を整えます。

3年間の入念な準備が、運に頼らない「実力勝負による合格」を可能にし、高校進学後も学力に余裕をもって、将来の目標に向けた準備に取りかかれるようにします。都立西や都立日比谷に進学した卒塾生たちは、大学受験に向けた学力の土台がすでに築かれているため、部活動や他科目の学習に力を注ぐことができます。一方、大学受験をしない選択をして早慶附属高校に進学した卒塾生たちは、高校の3年間を有効に活用し、大学受験組の一歩先を行く作戦を立てます。いずれにしても、先々において学術研究が順調に進められるよう、早慶高校受験の範囲に限定することなく、英語・数学の学習を進めます。

□「考えること」にこだわる3時間の授業と観察力・思考力・集中力を鍛える教材。

生徒が自らの発見をきっかけに問題を深く掘り下げて考えられるように、英語・数学のいずれの授業も綿密に計算をして組まれています。一番教室では、発見の驚きや愉しさを共感できる空間を提供します。もちろん、興味を満たすだけでは受験の結果は出せません。問題を客観的に分析し、明確な根拠を示して最適・最速の解法を選別する訓練も重ねます。

1つ1つの教材は、授業展開を計算した上で、生徒たちの観察力や思考力、そして集中力を鍛えることを目的として、細部までこだわり抜いて作成しています。授業時間として最低でも3時間は確保できるため、面白い問題をじっくりと考えたり、徹底的に演習を積んだりするだけのゆとりも生まれます。「図形の授業風景」のページでは、授業で実際に扱った数学の問題とともに一番教室の授業の進め方について短くまとめた動画を添えて「思考力・観察力・分析力を磨く一番教室の授業」を紹介しています。

□ 小学部から受験まで専門の講師が継続指導。一貫した説明で知識を体系化。

入試期に余裕を持たせる逆算カリキュラムを実現することはもちろん、将来的に活用できる形で専門性の高い学習を進めていくためには、練り上げた授業構成や緻密な教材作成が不可欠です。体系化された知識を習得して自在に使いこなせるよう、様々な工夫を取り入れて分かりやすい授業を展開します。教材と授業の質が高ければ高いほど、学力の伸びしろも大きくなります。もちろん、実際に「高度な学習内容を理解して、使いこなせる状態を維持していく」のは、生徒ひとりひとりです。

担当の入れ替わりがない一番教室では、「専門の講師による3年間の一貫した指導」を実現できます。これは、高い学力を築く上で非常に重要な役割を果たします。自習などの授業外での質問対応の内容も含め、様々な情報がひとりの担当に集約されます。講師は、それぞれの生徒が疑問に感じた内容や興味をひかれた内容、つまずいた箇所や失点の傾向など、個々の情報をしっかりと把握できています。これがより効果の高い指導を可能にさせています。

一番教室は「手取り足取り教えてくれる補習塾」でも「勉強が苦手な生徒を懇切丁寧に指導して学力を上げてくれる塾」でもありません。早慶高校受験に向けて専門性の高い内容を扱う英数専門塾です。確かに、入塾時点での学力は問わず、必要に応じて学習のコツを掴むための細かい助言もしますが、生徒本人に自律して学ぶ姿勢がない限り、「専門性の高い学習内容を理解して、知識を着実に積み上げていくこと」はまず不可能です。これまでに卒塾生や現塾生が出してきた「全国模試における抜群の成績」と「早慶附属高校の圧倒的な合格率」は、講師の面倒見によって出した結果ではなく、卒塾生や現塾生が建設的な努力を継続することで出した結果です。同等のエネルギーを費やさずして、誰にでも得られる結果ではありません。

□ 興味だけで終わらない、入試において高得点を稼げる英語・数学。

知的好奇心を刺激し、興味・関心を引き出す。これだけでは、受験という場面で戦い抜くことはできません。場面に応じて発揮する能力を使い分けていくことも大切です。一番教室は得点力にもこだわります。もちろん、圧倒的な高得点を狙います。

英語や数学で高得点を稼ぐには国語力も必要です。ただし、国語を苦手とする生徒は英語や数学の得点力も頭打ちだと諦めるのは早計です。たとえ国語を不得手としていても、数学の文章題や英語の長文問題で得点を取るコツも教えていきます。これは、当然ながら、国語を勉強しなくてもよいということではありません。

□ 揺るがない学力を築き上げる定着重視の学習サイクル。

「理解した気分になること」は「実際に理解できていること」とは異なります。そして、「理解した上で実際に活用できること」こそが到達すべき学力レベルです。一番教室は、理解をしっかりと積み上げて結果にしていく学習システムに特徴があります。学習を済ませた単元は、自在に使いこなせるレベルにまで仕上げて初めて得点となります。授業では段階を踏んで理解を深め、理解した内容を定着させながら、学習内容の専門性を高めていきます。各段階の解説が先の展開の布石となっているため、細大洩らさず情報を書き留めようとする生徒たちの表情は真剣です。

宿題では、集めた情報を分析して、先の展開を予測しながら情報を整理して復習をします。貯えた情報の中から、場面に応じて必要なものを適宜取り出して使えるよう、訓練を積みます。このサイクルを維持することにより、理解した内容が着実に積み上がり、揺るがない学力を築き上げることが可能になります。

□ 模擬試験の高い数値も手放しで褒めない。長期的な視点でとらえる客観的成績評価。

一番教室では、塾生の全員がハイレベルな全国模試において良好な成績を記録します。塾生の全員が、中学1年生・中学2年生の「駿台中学生テスト」において「科目順位ひと桁」を記録しているだけではありません。中学3年生の9月以降の「駿台高校受験公開テスト」においても「3科目総合の順位で全国100位以内」を全員が記録しています。しかし、このような高い数値を出していても、塾生は必ずしも褒められ続けるわけではありません。模擬試験の数値そのもので褒めたり叱ったりはしません。理解をした内容を自在に使えるようになるまでには時間的なズレが生じます。また、思考回路も整備を怠れば次第に働きが鈍くなります。模擬試験の数値そのものがその時点での学力をきちんと反映しきれているわけではありません。その数値がそこから先も維持されるのか、数値がやがて上昇もしくは下降を見せるのか、その兆しをとらえることが重要です。

一番教室では、授業内の反応や宿題の取り組みの様子を観察し、試験での失点のし方を分析して、総合的に判断をして客観的に評価をします。厳しい指摘に心を折られるようでは、真に高いレベルは目指せません。生徒ひとりひとりが、長期的な視野で状況を分析し、目標到達に向けて必要になることを洗い出し、問題点に柔軟な姿勢で対処していくことができるよう、指導をします。

□ 互いに高め合い、切磋琢磨できる環境。良き仲間・良きライバルとの出会い。

属する集団によって「個人が発揮できるようになる力」も変わります。「クラスの全員が全国模試における成績優秀者」という環境が個々の学力レベルをさらに引き上げます。あらゆることの熟達に欠かせない「情熱」や「粘り強さ」も、チームのエネルギーに大きく影響されます。強いチームで「やり抜く力」を育てます。

各学年定員10名(実質5名程度)の少人数のクラスで、授業時間を十分に長く設けているため、問題演習の際にも、解答に至るまでの思考の過程を生徒全員でじっくりと検証するだけの余裕があります。誤答についても積極的に公開し、全員で検証します。誤答に至るまでの経緯を分析し、誤りが生じる原因やその対処法についてクラス全体で理解を共有します。正解・不正解にかかわらず、互いの斬新な着想や自由な表現を面白がる雰囲気が授業にあります。中学3年生の大半の授業はゼミ形式で進められます。予習課題はありません。問題を解いたその場で解説に進みます。入試の過去問題を含めた複合問題を題材に、着眼点や解法について各自が考えをまとめ、生徒が入れかわりながら解説を進めて、最適の解法をクラス全体で徹底的に検証します。自由闊達な意見交換により、知識の集積ができるのは、真剣に学ぶ生徒で構成された学力レベルが高い集団の最大の強みです。

□ 学習面に限らない安心のサポート。入試期間も柔軟に対応。

受験校組みの工夫や2次試験(面接試験)についてもアドバイスします。平常授業は2月の第1週目までとなり、そこからは個々の受験の展開に合わせた特別対応に変わります。受験当日中の入試問題解説はもちろん、翌日以降の受験にも備えます。

□ 家庭教師をつけることやご家庭で勉強をみることはお断りしています。

わからないことがあれば、必ず生徒自身が講師に質問をし、その都度疑問を解消していくことがきまりになっています。一番教室では、英語と数学、いずれの授業についても、講師のひとつひとつの説明が、先々の学習内容の布石となっています。第三者の介入によって、細かく張り巡らされた知識の糸が途切れてしまうと、学習の円滑な流れを止めることになり、結果的に成績も伸びなくなります。

自律して解決をする力を養うためにも、学習内容については一切を当塾にお任せいただき、ご家庭では彼らの成長を温かく見守ってください。

上記の指導を実践し、合格という結果にしている塾はほぼ皆無と思われます。一番教室が、ここに挙げた内容をいかにして実践していくのかをここから先のページ「抜群の合格率の理由」「考える教材と授業」「図形の授業風景」「講師より」にてご確認ください。一番教室の塾生が、運に頼ることなく、実力で早慶附属高校の合格を掴んでいるのは、それを実現できるようにする「しかけ」があるからです。

一番教室に通う生徒たちの声を集めた「一番教室はどんな塾?」や、小学部の様子をお伝えする「小学6年生クラスの紹介」「小学4年生クラスの紹介」の項目もぜひご覧ください。